注文住宅の土地の選び方

注文住宅の土地の選び方

注文住宅の土地の選び方 注文住宅を建てるうえで、まず最初にやらなければならないことは土地を探すことです。
理想とする注文住宅を建てられる場所はある程度限られてくることでしょう。
それから生活することを想定し、自分や家族たちが快適に暮らせるような場所を探す必要があります。
選ぶうえでのポイントとしては、日当たりや周辺環境、水はけのよさや地盤のかたさなどをチェックポイントに挙げている人が多く見られます。
どれも実際にその場所で生活することを考えた場合には、欠かすことができないチェックポイントと言えます。
その場所でどのように暮らしていくのかをイメージしながらチェックしていくことが重要です。
満足のできる土地を探すためには、どのような建物を建てたいのか、どのような生活をしたいのかをはっきりイメージすることが重要です。
建てる家がはっきりしていなければ、規制や条件などがあっているかどうかを判断することはできません。
また自分にとって絶対に妥協できない条件と妥協できる条件を判別しておくことも重要です。
妥協できない条件が複数あるのであれば、その優先順位も決めておくようにしましょう。
すべての条件を満たす場所はまず見つからないと思っておくことが重要です。

注文住宅の坪単価は設備や内外装に凝るとアップします

注文住宅の坪単価は設備や内外装に凝るとアップします 一般的に、高級な内外装や上質な建具、ハイグレードな水回り機器などを取り入れると総工費がアップしていくため坪単価も高くなっていくものです。
せっかくの注文住宅であるからと、全てにおいて最高ランクのものを採用していくと、あっという間に予算をオーバーしてしまうことにつながってしまいますので、本当に必要なものとそうでないものを見極めていくことも重要です。
また建築方法によっても違いがあり、同じ延床面積でも坪単価が異なってきます。
在来工法である木造軸組工法を採用した場合には比較的コストを抑えながら建てられますが、ツーバイフォーや軽量鉄骨住宅ではやや総工費が高くなる傾向にあり、鉄筋コンクリート(RC)の住宅であればさらに高額となることが考えられます。
建物の耐久性や機密断熱性の高さなど、コストの高い建築方法では優れている部分も多くありますので、それぞれのメリットを考えながらバランスの良い注文住宅づくりを進めていきましょう。